トップページ

    このサイトではシルフィの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シルフィの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者をチェックしてみてください。

    日産シルフィを高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くの日産ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので時間がかかりません。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、シルフィ(SYLPHY)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と圧倒的な加盟数!最大50社へシルフィの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、全国対応で使うのはタダ。

    「シルフィを高く買い取ってもらいたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているシルフィの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、数年落ちのシルフィでも高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使えば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    シルフィの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「自分が今乗ってるシルフィの買取相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取店から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年間乗ってきたシルフィでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社が日産シルフィを査定してくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたのシルフィを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたのシルフィの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用した日産のシルフィを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    日産・シルフィの買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年大切に乗ってきたシルフィを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10業者が日産シルフィの査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、非常に大きく関係するのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定額はどんどんダウンします。

    5万kmを越えて走行している車は通常「多走行車」という呼び名があり、査定額をダウンする原因となることが多くあります。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは査定金額が低くなるのが一般的です。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に個人修理することは止めた方が無難です。

    個人で修復したからといっても、修理費用以上に高く見積もってくれる保証はないからです。

    自分で直そうとするよりも、買取が成立した後に、中古車販売店が提携している業者に修理依頼した方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、ほとんどの会社では、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

    中古自動車査定士が自宅などに来て実際に車をチェックして、結果を導き出す方法です。

    出張査定は一気に沢山の会社に来てもらうこともできます。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で査定金額の競争が生まれますから結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

    売却したい車で店舗に乗り付けて直接査定してもらおうと思っているなら、繁忙期などは待たされることはあるかもしれませんが、急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    結果的に市場価値より安値で売却するなどという可能性も否めません。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうが満足のいく結果が出しやすいです。

    何にでも言えることですが、中古車の相場も常に変動しているため、売却対象車につけられた査定価格にも当然ながら有効期限があるものです。

    ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、算定してくれた査定士にその査定額が保証されのはいつまでか聞いておくべきです。

    もし短ければ交渉次第で訂正もあり得ます。

    有効期限の設定は、長いところで2週間を見込んでおけば良いですが、相場の変動が大きい繁忙期の査定では、非常に期間が短くなっていることもありますので、気をつけなければいけません。

    古い車を売却してから今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

    代替となる手段がある人は別として、日常的に車を使う場合は必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配をしてくれるわけではないので注意が必要です。

    新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、売買契約をする前に代車を用意してくれるのかどうかを業者に確認しておきましょう。

    3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    中古車市場での需要が高まる季節にはつられて買取金額の相場もアップします。

    しかしながら、車の売却を決めた時期が決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

    車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    自己が所有する中古車を売ろうとするときには、もし故障しているところがあったらスタッフに言うべきです。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    故障箇所の状態によってはマイナス評価を受けることになりますが、事前に修理したからといってむしろ修理をすると損するのです。

    買取成立の後でお店が故障箇所を直すのにかける金額と個人で修理に出したときのお金では、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印が必要書類と言うことになります。

    仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれる場所が違うのです。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。