トップページ

    このサイトではシルフィの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シルフィの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者をチェックしてみてください。

    日産シルフィを高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くの日産ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので時間がかかりません。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、シルフィ(SYLPHY)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と圧倒的な加盟数!最大50社へシルフィの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、全国対応で使うのはタダ。

    「シルフィを高く買い取ってもらいたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているシルフィの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、数年落ちのシルフィでも高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使えば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    シルフィの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「自分が今乗ってるシルフィの買取相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取店から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年間乗ってきたシルフィでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社が日産シルフィを査定してくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたのシルフィを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたのシルフィの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用した日産のシルフィを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    日産・シルフィの買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年大切に乗ってきたシルフィを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10業者が日産シルフィの査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、積極的に買取を行っていきます。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば査定価格が上昇する可能性が大きいかもしれません。

    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして中古車の買取会社と査定金額の交渉を行う際に需要となってくることは、自分から安易に具体的な金額を言ってしまわないことですね。

    前もって査定相場の金額を確認しているのならまだ良いのですが、チェック済みではないのならば相場の価格よりもずっと低い価格を自分で提示してしまうかもしれないので、このようなときには絶対損をします。

    買取業者と価格交渉を行おうと思っているならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。

    ボディにキズやへこみがある場合には査定金額が低くなるのが一般的です。

    でも、それを避けようとして前もって自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    個人で修復したからといっても、その修理に要した経費より多く査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    自分で直そうとするよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を低く抑えることができるからです。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば評価も多少加点してもらえる可能性があります。

    しかしその部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、減点は避けられません。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    ノーマルなら減点対象も少なくなりますから、改造車を売る際はノーマルに戻し、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    査定結果に納得し、あとは契約するだけとなったら、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので気をつけてください。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとはリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車ならスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    もし売却予定の車のホイールが他メーカー製であれば、業者による査定が行われる以前に、できれば純正品に戻しておきたいものです。

    例外はあるかもしれませんが、メーカー純正品だと万人受けするという意味で高い査定をつけてもらえます。

    きれいな状態を保つために出来れば屋内に大事に保管しておくと良いです。

    別注ホイールはそのコンディション次第ではフリマアプリなどで高値売却できるときもあるので、取り外し時の扱いには注意が必要です。

    中古車市場において、ボディカラーは見積額に直に反映されます。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、見積金額が高くなることが期待できます。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えて車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。

    それとは逆に、これら以外の色では、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    流行のボディカラーだとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。

    自動車のオーナーにかかる「自動車税」というものは、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    でも、車を売却する際には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り返却される制度はないのです。

    還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。

    見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか10万km以上走っている過走行車などは、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、査定してもらえるので、一般の買取業者のように値段がつかないということがないのです。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。