トップページ

    このサイトではシルフィの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シルフィの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる買取店に売却したい」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者をチェックしてみてください。

    日産シルフィを高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くの日産ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので時間がかかりません。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、シルフィ(SYLPHY)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と圧倒的な加盟数!最大50社へシルフィの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、全国対応で使うのはタダ。

    「シルフィを高く買い取ってもらいたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているシルフィの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、数年落ちのシルフィでも高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使えば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    シルフィの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「自分が今乗ってるシルフィの買取相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取店から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年間乗ってきたシルフィでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社が日産シルフィを査定してくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたのシルフィを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたのシルフィの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用した日産のシルフィを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    日産・シルフィの買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年大切に乗ってきたシルフィを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10業者が日産シルフィの査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    車検の残りが1年以下のケースでは幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売却予定になってから車検を行ってもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に加算されて回収出来ることはないでしょうから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、売却は即決しても構わないという思いを強くアピールすることです。

    ついでだから査定してもらうけども売るのはもっと先になるだろうという人よりも、そうと決まれば直ぐにでも売りますという相手の方が業者にとって有益なのは間違いないでしょう。

    即決する可能性があるとわかると、是非うちの店で取り引きしてくれるように高めの査定額を提示してくる可能性があるのです。

    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによりアップダウンするため、人気のある特定のボディーカラーが査定見積もりの際に高値をつけるということも起きてくるのです。

    一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

    その一方で、車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、しばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    仮に有料だったとしても、かけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際はけして疎かにしてはいけない点があります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

    口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに金額やそれに関する諸条件は納得がいくまできちんと読むことが大切です。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    古い車を売却してから次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    電車やバスなどで凌げれば構わないかもしれませんが、仕事や通勤などで車が必須であれば一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

    しかしながら代車の手配というのは、どこの中古車買取業者でもやってくれるかというと、そうでもありません。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、代車手配の有無については査定を申し込む前に業者に確認しておきましょう。

    買取店に車を売却する前にしておくべきことは、突き詰めるとたった2種類しかありません。

    ネットの査定サイトをうまく使ってとにかく最新の相場を知ることが不可欠です。

    中古車の相場に疎ければ、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってありますから、事前調査は欠かせません。

    あと一つしておくべきことは、車磨きです。

    ボディは埃を落とす程度に洗車してあればOKですが、車内は今までにないほど丁寧に掃除しておきたいです。

    拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。

    臭いがあると第三者にはすぐ分かりますし、当然ながら減点査定の対象となります。

    ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    更に、定番カラーでもあるシルバーは車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

    反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

    いくら査定したときに流行の色だったとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでには流行が終わっている可能性が高いからです。

    自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は還付の条件を満たしていれば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    それから、戻ってくるお金がある場合にもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    自分自身が自賠責保険会社に対して手続きをしてはじめて還付されます。